舶用エンジン - お知らせ

船舶用ディーゼル主機関「6AYEシリーズ」「EY26Wシリーズ」において、中国国内の排出ガス規制認証を取得

2019年08月26日
ヤンマー株式会社

<船舶用ディーゼル主機関「6AYEM-ET」(写真左)・「6EY26W」(写真右)>

ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、船舶用ディーゼル主機関「6AYEシリーズ」と「EY26Wシリーズ」において、2019年7月から適用※1された新しい中国国内の船舶用エンジン排出ガス規制(通称:CHINAⅠ・Ⅱ)の認証を国内メーカーで初めて※2取得しました。本年9月から規制対応エンジンとして出荷を開始する予定です。

今後もヤンマーでは、海洋環境保護のため、各国の排出ガス規制に対応すべく、仕向地に合わせた排出ガス規制の認証取得に取り組んでまいります。

CHINAⅠ・Ⅱ認証取得エンジン

① 船舶用高速ディーゼル主機関「6AYEシリーズ」

エンジン形式 6AYEM-ST 6AYEM-ET
シリンダー数 6
総行程容積(ℓ) 20.379
出力(kW) 485 599
回転数(min-1) 1900 1900

② 船舶用中速ディーゼル主機関「EY26Wシリーズ」

エンジン形式 6EY26W 8EY26W
シリンダー数 6 8
総行程容積(ℓ) 122.6 163.53
出力(kW) 1471 1620 1920 2060 2210 2360 2560
回転数(min-1) 750 750

中国船舶用エンジン排出ガス規制(CHINAⅠ、Ⅱ)の概要

中国国内で運航する「内河船※3」、「沿海船※4」、「江海直行船※5」、および「海峡フェリー※6」に搭載される、定格正味出力が37kW以上かつ単気筒当りの排気量が30L未満の船舶用圧縮着火エンジンおよび火花点火式ガスエンジン(デュアルフューエルエンジンを含む)の主機関及び補機関に適用される排出ガス規制です。
CHINAⅠは2019年7月、CHINAⅡは2022年7月からそれぞれ規制が適用開始となります。

  • ※12018年7月1日施行後、1年間の猶予期間を経て適用開始となりました。
  • ※22019年8月現在。
  • ※3内河船:河川、湖沼を航行する船舶。
  • ※4沿海船:沿海各港間を航行する船舶。
  • ※5江海直行船:沿海水域および河川の航路を航行する船舶。
  • ※6海峡フェリー:海峡両岸または島嶼間の水域を航行する船舶。

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「わたしたちは自然と共生し、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会"A SUSTAINABLE FUTURE"実現への貢献を目指しています。

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【本件に関するお問合せ先】

ヤンマー株式会社
エンジン事業本部 舶用営業統括部
TEL:06-6489-8069 FAX:06-6489-1082

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー株式会社
ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧