送信機上の操作が不要。自動航行モード

飛行ルートを設定するだけで、自動で散布作業が行えます。さらにオプションのRTK基地局を併用することで、誤差数cmレベルの高精度な散布を実現します。

自動で障害物を回避する、球面型全方向レーダー

球面型全方向レーダーが360度(水平方向と上下方向)の障害物を検知し、自動で障害物を回避します。また、自動航行モードの場合は、障害物を回避した後、本来の飛行ルートに自動で戻ります。

地形に合わせて散布する、額縁散布モード

ほ場のカタチに合わせて周囲を散布する額縁散布モードが追加されました。これまで散布が困難だった地形を、高精度に散布することができます。散布残しや誤って近隣ほ場へ散布してしまうことも防げます。

視認性がアップするFPVカメラとLEDライト

視野角123度のFPVカメラとライトを機体前後に搭載。従来の2倍の明るさのLEDライトを搭載し、曇天の早朝などの薄暗い中でも視認性良く作業が行えます。

  • First Person View(1人称視点):リアルタイムでカメラ映像をモニターに映します。
  • 写真はT30

ワンタッチで折りたためるアーム

新設計のスナップ構造により、アームの折りたたみがワンタッチでに行え、ゆるみ止めスプリングで確実に固定が行えます。アームを広げた状態でのロック忘れを防止するセンサーで、不注意による事故を未然に防止できます。