ヤンマーグループでは、地球環境の保全を経営方針における最重要課題と位置付け、環境経営の推進、環境への配慮を基本とした事業活動を進めています。

環境方針

環境活動の方針

ヤンマーでは、事業活動を開始した当初から自然環境へのまなざしを大切にした事業活動を心がけてきました。

1995年に「ヤンマー地球環境憲章」を制定して持続可能な社会の実現に寄与することを表明し、2002年にはヤンマーグループ全体で地球環境の保全と調和のとれた関係を構築することをめざした「ヤンマーグループ地球環境憲章」へと改定し、環境経営に向けた取り組みをさらに拡大、深化させました。

ヤンマーグループ地球環境憲章

環境基本理念

ヤンマーグループはグループとしての発展と地球環境保全との調和のとれた関係を構築することに努めることにより、社会の持続的発展に寄与します。

行動指針
  1. 環境保全への取り組みをグループ経営の最重要課題のひとつとして捉え、グループを挙げて環境経営に取り組む
  2. 事業活動にあたり、事業所が立地する国、地域の法令、規則を遵守するのはもちろん、必要に応じ自主基準を設定して環境保全レベルの向上に努める
  3. グループ地球環境委員会において環境対応方針を策定し、グループ内に周知の上、総合的に環境保全活動を推進する
  4. 環境保全に関する情報を積極的に社内外に公開し、グループ会社、パートナーの理解と協力を求め、効率の良い環境保全活動を推進する
  5. 下記の環境4分野につき、実効のある施策を計画的、継続的に推進する
    1. 環境保全に寄与する技術の確立と環境負荷の小さい製品・サービスの提供
    2. 事業活動の各段階での環境負荷の低減
    3. 社外との連携、共生→地域社会への貢献、環境情報の公開等
    4. 環境意識の向上→社内環境教育、ライフスタイルの改革等

(2002年3月改定)

グループ環境ビジョン2030の実現に向けて

環境関連で貢献できるSDGs

ヤンマーグループは、「パリ協定」および「持続可能な開発目標(SDGs)」 の目標年にあたる2030年時点の到達目標として、2018年7月に新たに「グループ環境ビジョン2030」を策定しました。

新たな環境ビジョンでは、これまで進めてきた4分野の目標達成に向け、引き続き各施策に取り組むとともに、地球温暖化対策で新たに設定した「事業活動におけるCO2排出量原単位30%削減(2005年度比)」の達成に積極的に取り組んでいきます。

2020年には第五次環境中期計画の策定を予定しており、「グループ環境ビジョン2030」達成へのより具体的な道筋を示し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

ヤンマーグループは、環境に負荷を与えている製品を扱っていることを認識し、地球温暖化問題の解決と、持続可能な社会の実現に取り組んでいきます。1.地球温暖化対策、・製品のライフサイクルにおけるCO2排出量を削減・事業活動におけるCO2排出量を2005年度比 30%削減 (原単位)。2.資源循環型社会への貢献、・事業活動における廃棄物を削減・リサイクル資源の有効活用を推進・製品の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進。3.環境負荷物質の削減・管理、・環境負荷物質の使用量削減・サプライチェーン全体で環境負荷物質を管理。4.生物多様性への取り組み、・自然との共生に配慮した事業活動の推進・生態系の保全に貢献する製品・サービスの提供。

4分野における目標(2025年時点)

分野 目標
1.地球温暖化対策
  • サプライチェーン全体のCO2排出量の把握、排出削減に向けた取り組みの推進
  • グループ製品・サービスによるCO2削減貢献量の算定・公表
2.資源循環型社会への貢献
  • グループ全事業所の廃棄物リサイクル率 95%以上
  • 廃製品のリサイクルネットワークの確立、廃製品リサイクル率の集計・公表
3.環境負荷物質の削減・管理
  • グループ全製品の有害化学物質使用情報の公表
  • グリーン調達 ⇒ CSR調達へのレベルアップ(サプライチェーン全体への展開完了)
4.生物多様性への取り組み
  • グループ生物多様性ガイドラインの策定およびサプライチェーンへの展開・遵守
  • グループ基準をクリアした「環境配慮商品」の、売上高比率 50%以上