環境

環境マネジメント

環境方針

環境活動の方針

ヤンマーでは、事業活動を開始した当初から自然環境へのまなざしを大切にした事業活動を心がけてきました。

1995年に「ヤンマー地球環境憲章」を制定して持続可能な社会の実現に寄与することを表明し、2002年にはヤンマーグループ全体で地球環境の保全と調和のとれた関係を構築することをめざした「ヤンマーグループ地球環境憲章」へと改定し、環境経営に向けた取り組みをさらに拡大、深化させました。

ヤンマーグループ地球環境憲章
環境基本理念

ヤンマーグループはグループとしての発展と地球環境保全との調和のとれた関係を構築することに努めることにより、社会の持続的発展に寄与します。

行動指針
  1. 環境保全への取り組みをグループ経営の最重要課題のひとつとして捉え、グループを挙げて環境経営に取り組む
  2. 事業活動にあたり、事業所が立地する国、地域の法令、規則を遵守するのはもちろん、必要に応じ自主基準を設定して環境保全レベルの向上に努める
  3. グループ地球環境委員会において環境対応方針を策定し、グループ内に周知の上、総合的に環境保全活動を推進する
  4. 環境保全に関する情報を積極的に社内外に公開し、グループ会社、パートナーの理解と協力を求め、効率の良い環境保全活動を推進する
  5. 下記の環境4分野につき、実効のある施策を計画的、継続的に推進する
    1. 環境保全に寄与する技術の確立と環境負荷の小さい製品・サービスの提供
    2. 事業活動の各段階での環境負荷の低減
    3. 社外との連携、共生→地域社会への貢献、環境情報の公開等
    4. 環境意識の向上→社内環境教育、ライフスタイルの改革等

(2002年3月改定)

新たな環境ビジョンの策定に向けて

環境関連で貢献できるSDGs:7、9、12、13

ヤンマーグループは、「パリ協定」および「持続可能な開発目標(SDGs)」 の目標年にあたる2030年時点の到達目標として、2018年7月に「グループ環境ビジョン2030」を策定しました。これまで進めてきた4分野の目標達成に向けて、引き続き各施策に取り組むとともに、地球温暖化対策で新たに設定した「事業活動におけるCO2排出量原単位30%削減(2005年度比)」の達成に積極的に取り組んでいます。

一方、気候変動リスクが年々と高まりを見せるなか、日本政府は2021年4月の気候変動サミットにおいて、2030年の温室効果ガス排出量を2013年度比で46%削減することを表明しました。こうした社会動向を踏まえて、現在ヤンマーグループでは新たな環境ビジョンの策定を進めており、2021年度中に公開予定です。

2021年度からは、2025年度までを対象とした「第五次グループ環境中期計画」がすでにスタートしていますが、新環境ビジョンの公開に合わせて目標や施策を更新する予定です。

ヤンマーグループは、環境に負荷を与えている製品を扱っていることを認識し、地球温暖化問題の解決と、持続可能な社会の実現に取り組んでいきます。1.地球温暖化対策、・製品のライフサイクルにおけるCO2排出量を削減・事業活動におけるCO2排出量を2005年度比 30%削減 (原単位)。2.資源循環型社会への貢献、・事業活動における廃棄物を削減・リサイクル資源の有効活用を推進・製品の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進。3.環境負荷物質の削減・管理、・環境負荷物質の使用量削減・サプライチェーン全体で環境負荷物質を管理。4.生物多様性への取り組み、・自然との共生に配慮した事業活動の推進・生態系の保全に貢献する製品・サービスの提供。

5分野における目標(2025年時点)

分野 目標
1.地球温暖化対策
(気候変動問題への貢献)
  • CO2排出量原単位を2005年度⽐ 24.0%(年平均1.2%)削減
  • サプライチェーン全体のCO2排出量の把握、排出削減に向けた取り組みの推進
2.資源循環型社会への貢献
  • ⽔資源使⽤量原単位を2015年度⽐ 20.0%(年平均 2.0%)削減
  • 廃棄物発⽣量原単位を2015年度⽐ 10.0%(年平均 1.0%)削減
  • グループ全事業所の廃棄物リサイクル率 95%以上
3.環境負荷物質の削減・管理
  • PRTR対象物質取扱量原単位を年平均1.0%削減
  • グループ全製品の有害化学物質使用情報の公表
  • グリーン調達 ⇒ CSR調達へのレベルアップ(サプライチェーン全体への展開完了)
4.生物多様性への取り組み
  • グループ生物多様性ガイドラインの策定およびサプライチェーンへの展開・遵守
5.製品・サービスの取り組み
  • グループ基準をクリアした「環境指向性商品」売上高比率50%以上
  • グループ製品・サービスによるCO2削減貢献量の算定・公表
  • 廃製品のリサイクルネットワークの確立、廃製品リサイクル率の集計・公表

環境マネジメント推進体制

ヤンマーグループでは、2002年にグループ各社の事業本部長や事業会社社長ら経営トップによる「ヤンマーグループ地球環境委員会」を設置し、グループ全体で環境経営に取り組むとともに、年1回定期的に委員会を開催しています。

「ヤンマーグループ地球環境委員会」の下部組織としてグループ各社の環境事務局で構成するグループ環境連絡会を置き、世間動向・活動方針の伝達や対応について協議しています。さらに、省エネ・有害化学物質・廃棄物については分科会を設置し、意見交換による連携を強化した活動に取り組んでいます。

傘下のグループ会社では、環境保全委員会などを設け、それぞれの経営トップの強いリーダーシップのもとで環境保全に関わるさまざまな活動を推進しています。

ヤンマーグループ環境保全組織体制体系図

ヤンマーグループ環境保全組織体制体系図

ISO14001認証取得・グループ会社への認証取得支援

ヤンマーグループでは、各事業所における特性を活かし、環境対応をより確実なものとするために、国際規格であるISO14001に基づいた環境マネジメントシステムを構築しています。ISO14001認証を取得した事業所では、定期的に第三者機関による環境管理活動の審査を受け、継続的に改善していく体制を確実にするなど、レベルアップを図っています。

ISO14001認証取得一覧(2021年4月1日現在)

グループ国内会社
事務所名 認証に含まれる組織 認証取得日
ヤンマーパワーテクノロジー(株) 特機事業部
尼崎工場/塚口工場
1997年6月
小形事業部
びわサイト/木之本サイト/大森サイト/長浜サイト/ヤンマー製造サポート(株)
1998年3月
ヤンマー建機(株) 福岡工場 1998年12月
ヤンマーエネルギーシステム製造(株) 本社工場 2004年7月
ヤンマーアグリ(株) 本社・岡山工場/高知工場/鹿児島事業所 1998年12月
(株)神崎高級工機製作所 本社工場 1999年3月
ニューデルタ工業(株) 本社工場 2004年5月
ヤンマーキャステクノ(株) 本社・松江事業部 2003年8月
甲賀事業部 2009年3月
ヤンマーマリンインターナショナルアジア(株) 本社/第2工場 2006年7月
グループ海外会社
事務所名 認証に含まれる組織 認証取得日
YANMAR AGRICULTURAL EQUIPMENT (CHINA) CO.,LTD. 本社 2008年3月
YANMAR S.P. CO., LTD. 本社 2010年4月
P.T. YANMAR AGRICULTURAL MACHINERY MANUFACTURING INDONESIA 本社 2013年10月
TUFF TORQ CORPORATION 本社 2015年1月

環境監査

ISO14001認証取得事業所は、環境方針を開示するとともに、その効果、適合性について定期的な監査を実施し、環境マネジメントシステムの継続的改善を図っています。
また、内部監査、および外部認証機関による第三者審査を年に1回以上実施しています。

グループの主要な事業所(生産工場、研究施設等)に対しては、環境コンプライアンス監査を定期的に実施しています。

2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大のため訪問監査を中止し、ISO認証取得事業所については、第三者審査および書類確認による簡易監査を実施しました。

環境リスクへの対応

ヤンマーグループでは環境保全活動において環境汚染リスクの抽出を行い、必要に応じて対策や訓練により環境負荷およびリスク低減を図っています。環境汚染リスクは事業所により異なりますが、多くの事業所に共通する重大リスクとして、粉じん・騒音・臭気・排水・排ガスによる環境被害等が挙げられます。

抽出された環境リスクはグループ全体の課題としてとらえ、地球環境委員会やリスクマネジメント委員会に報告・記録するとともにリスク低減に努めています。

環境教育

環境保全への取り組みを推進し、実効性のあるものとするためには、従業員一人ひとりの意識を高めることが重要となります。ヤンマーグループでは、地球環境問題、環境活動方針から現場での実践、さらには身近な事例から環境を考える取り組みまで、従業員の意識を高める環境教育や啓発活動を継続して実施しています。

ISO14001認証取得事業所では、ISO14001に関する基礎知識の習得や環境保全活動、、環境に影響がある施設に関する教育・訓練を行っています。また、環境負荷が著しい作業現場に従事する従業員には作業手順書等を用いた特別教育を実施しています。

これ以外の事業所では、啓蒙活動を中心に、ライトダウンデーの実施、古紙リサイクル・ゴミの分別廃棄、夏季・冬季の空調温度設定等を実施しています。

国内グループ会社の主な環境教育・啓蒙活動一覧

社名 活動名 活動の詳細 活動の種類 社外パートナー名
ヤンマーホールディングス(株)
中央研究所
交通指導員(交通立哨) 朝の通学時間時に 中央研究所近くの交差点に立ち、通学児童の安全を守る 啓蒙 米原市
米原安全運転教会活動(交通マナーキャンペーン参加) 国道やスーパーなどで、交通安全運動に関する啓もう活動を行う 啓蒙 米原安全運転管理者協会
FY自販機 売上の一部がヤンマーミュージアムで実施される農業体験活動等への支援として活用されます 教育 滋賀県
ヤンマーパワーテクノロジー(株)小形事業部 ・全社員対象の環境教(上期/下期)
・新入社員教育
環境一般教育(環境保全と事故の役割) 教育
・環境事故対応
緊急事態訓練
環境事故対応訓練(著しい環境側面の緊急事態訓練) 教育
新入社員教育 技能、事技社員の新入社員環境教育 教育
中堅社員教育 技能系中堅社員の環境教育 教育
ヤンマーパワーテクノロジー(株)特機事業部
(尼崎工場)
環境パトロール 毎月工場内を6名2班で巡回し、ゴミの分別、油脂類の管理状況などをチェック 啓蒙
緊急訓練の実施 油漏れ時の緊急訓練対応を実施した 教育
環境ニュース発行 工場内の環境保全活動事例、注意点などをまとめ社員に回覧 教育
環境情報の開示 工場厚生棟に環境掲示板設置、および、ノーツ特機インフォメーションに環境カテゴリーを新設。環境関連情報を社員に案内する 教育
社員こども工場見学 社員こども工場見学 啓蒙
環境情報の開示 ノーツ用文書管理ソフト(イソロジー)の導入によるデータベース化により環境保全活動記録の情報開示 教育
新入社員教育 技能、事技社員の新入社員教育 教育
ライトダウンパトロール 毎月末水曜日のライトダウン徹底のため18:00から巡回 啓蒙
ライトダウンパトロール 毎週水曜日のライトダウン徹底のため18:00から巡回 啓蒙
ヤンマーパワーテクノロジー(株)特機事業部
(塚口工場)
環境関連情報の開示 毎月の燃料、廃棄物量をグラフ化し、工場環境データとして各部門に配信し環境啓蒙を実施 啓蒙
ヤンマーキャステクノ(株)
甲賀事業部
緊急事態対応訓練 緊急事態対応の訓練
※ 12職場にて実施する
教育
工場内外の環境 定期パトロールでの見直し 啓蒙
ヤンマーキャステクノ(株)
松江事業部
社員教育 環境マニュアル・規程、法規制の認識・周知教育 教育
緊急事態対応訓練 緊急事態対応の訓練
※ 各該当職場にて実施する
教育
社員教育 環境関連教育(朝礼資料で) 教育
環境方針掲示 各職場に掲示 啓蒙
ストップ温暖化宣言文 各職場に掲示 啓蒙 島根県
ヤンマープラントサービス(株) 新入社員教育 技能、事技社員の新入社員環境教育 教育
・全社員対象の環境教(上期/下期)
・新入社員教育
環境一般教育(環境保全と事故の役割) 教育
・環境事故対応
緊急事態訓練
環境事故対応訓練(著しい環境側面の緊急事態訓練) 教育
ヤンマーマリンインターナショナルアジア(株)(大分) 環境保全活動に関する教育 産業廃棄物の管理・地球温暖化問題 教育
ヤンマーアグリ(株)
岡山工場
新入社員教育 ・ISO14001の概要
・環境マネジメントマニュアル
教育
緊急事態対応訓練 祇園用水への油流出訓練 教育
ヤンマーアグリ(株)
高知工場
一般社員教育 ・年度環境マネジメントプログラム
・環境法規、内規他
教育
新入社員教育 ・ISO14001の概要
・環境マネジメントマニュアル
教育
環境影響設備の作業教育 緊急事態対応(焼入用水槽・塗装前処理装置)
作業教育(廃水処理装置・油水分離槽)
教育
ヤンマーアグリ(株)大阪 環境パトロール アグリ事業として、2カ月に1回、職場を巡回し、節電・ゴミの分別・整理整頓等の状況をチェック 啓蒙
ニューデルタ工業(株) 環境レポートの発行 HPに掲載、社員の教材として活用 啓蒙
ヤンマーエネルギーシステム製造(株) 一般社員教育 環境に対する一般教育 啓蒙
緊急時対応訓練 緊急事態発生の模擬訓練 啓蒙
ヤンマー発電システム製造(株) ライトダウン 毎週水曜日に19:00で事務所・工場のライトダウンを実施 啓蒙
ヤンマーエネルギーシステム(株) 新入社員教育 環境教育(新入社員) 教育 (YGECSR部)
社員教育 ・ISO14001の概要
・ヤンマーエネルギーシステム(株)環境方針、目的目標の周知
教育
環境研修会 エンドユーザー様、設計事務所様、建築・設備業者様、エネルギー関連会社様向けに、ガス体エネルギー政策上の位置付けと対策におけるCO2削減の効果をはかる手法のPR 教育 ガス会社
環境研修会 お客様および施主に対する改正省エネ法に関する啓蒙活動 教育 日本ガス協会
ペーパレス化促進   啓蒙
ヤンマー建機(株) 社員教育 新入社員、新任監督者へのISO環境教育 教育
新入社員教育 ISO14001 新入社員教育テキストに基づき年1回実施 教育
緊急事態対応訓練 緊急事態可能性特定 9カ所
① 手順の定期テスト
② 緊急事態対応の訓練
※ 各職場にて実施する
教育
一般社員教育 各課にて月1回、環境方針の管理、遵守すべき重要性について、朝礼・職場 ミーティング等で担当課長が教育を行う 教育
環境マネジメントシステム教育 サイト内の各関連会社の周知を各主管 部門より行う 教育
環境白書 社内報に掲載 啓蒙
環境啓蒙活動 公害防止、省エネ・省資源、廃棄物専門部会の結果報告を掲示板に開示(四半期ごと) 啓蒙
環境啓蒙活動 環境管理委員会の開催(四半期ごと) 啓蒙
派遣社員教育 雇い入れ安全教育時に環境教育を追加 教育
(株)神崎高級工機製作所 緊急事態対応訓練 緊急事態可能性特定 8カ所
① 手順の定期テスト
② 緊急事態対応の訓練
※ 各職場にて実施する
教育
新入社員教育 ・ISO14001の概要
・神崎環境方針・EMS
教育
省エネ巡回 各職場省エネ励行確認巡回(年6回) 啓蒙
環境関連情報の開示 全社環境目標、実施計画および活動内容、教育資料、連絡事項等の環境関連情報を、ノーツ上にISO14001掲示板DBを作成し、情報を共有化。
ノーツ廃止に伴い、ISO14001掲示板をY-Squareに移行する(2017年度)
啓蒙
環境啓蒙活動 教育訓練資料を作成し、1回/月に開示(Y-SquareのISO14001掲示板) 啓蒙
新入社員教育 ・ISO14001の概要
・弊社の環境管理、保全体制およびマネジメントシステムの概要 等
教育
ヤンマー本社サイト 環境報告書開示 WEBサイトで報告書の開示 啓蒙
新入社員教育 ・ISO14001の概要
・環境一般教育
教育
梅田みつばちプロジェクト みつばちの育成による地域振興 啓蒙 茶屋町振興町会他

サポート・お問い合わせ