環境

製品

製品を通じたCO2排出量の削減

製品のライフサイクルにおけるCO2排出量の把握

ヤンマーグループは、LCA(ライフサイクルアセスメント)による製品のライフサイクル(原材料の調達から、製造、流通、使用、廃棄まで)における温室効果ガス(CO2)排出量の定量的把握・評価を行い、グループ製品による温室効果ガスの削減(原単位)を進めています。

今後のスコープ3情報の開示に向け、グループ全事業のLCAデータの把握と環境データ公表範囲の拡大を進めていきます。

製品使用時のCO2排出量削減に向けた技術開発

ヤンマーグループは、農業機械や建設機械、空調などの高効率化をはじめ、燃料電池の活用や水素をパワートレインとした最新技術の開発・実用化により、環境指向性商品の割合を増やし、ライフサイクルでのCO2排出量削減に貢献していきます。

製品の3Rの推進

製品・サービスのリサイクルや廃棄に関する取り組み

ヤンマーグループは、各国のリサイクル法令の遵守、製品に含有される有害化学物質の削減、製品情報の提供・公表などの取り組みを行っています。また、製品設計段階においてリサイクル・省資源に関するアセスメント評価や分解作業性を考慮した製品設計を採用することにより、従業員の意識向上に努めています。

マリン事業では廃船に使用されるFRPのリサイクルなど資源循環への取り組みを推進しています。

サポート・お問い合わせ