社会

次世代育成活動/文化醸成活動

基本的な考え方

ヤンマーは、“A SUSTAINABLE FUTURE”の実現に向けたさまざまな事業活動に加えて、国内外で事業の枠を超えた「次世代育成活動」と「文化醸成活動」に取り組んでいます。次世代育成活動では、公益財団法人 山岡育英会、一般財団法人 山岡記念財団などの活動、ヤンマーミュージアムを通じた体験学習を子どもたちに提供しています。また、文化醸成活動では、サッカーやマリンスポーツをサポートし、スポーツを通じて世界の人々と喜びや感動を分かち合い、ワクワクする心豊かな体験に満ちた社会の実現に貢献しています。

次世代育成活動

公益財団法人 山岡育英会の活動

山岡育英会は、ヤンマーの創業者・山岡孫吉が、世界の平和と繁栄・文化の向上に寄与する人材の育成を目的として1950年に設立した奨学財団です。当会の奨学金給貸与を通じて、これまでに約 5,900名が学業を修了し、社会の各分野で活躍しています。

2013年度からは、従来の国内の高校生・大学生・大学院生・留学生への奨学金給与事業に加えて、タイとインドネシアで「東南アジアジュニアハイスクール奨学生事業」を開始しました。奨学金希望者に「ヤンマーフットボールクリニック」と銘打ったサッカーイベントで元Jリーガーの指導を受けてもらい、そのなかからサッカーのスキル、学業成績、経済的支援の必要性を加味して奨学生を選定しています。2020年度は、タイ44 名、インドネシア25 名の新規奨学生を決定し、奨学生採用証書授与式を現地で行いました。

また、タイでは2016年7月、バンコク近郊に学生寮を建設し、奨学金事業をシニアハイスクール生に拡充。さらにインドネシアでは、2018年の国交樹立60周年を機に対象を大学生に拡大し、ダルマプルサダ大学への奨学金事業を開始し、2019年にはボゴール農科大学を対象校に追加しました。

在籍者(2021年3月現在)

大学院生 留学生 高校生 国内計
31名 3名 28名 62名
タイ インドネシア 海外計
117名 92名 209名
コロナ禍、zoomで行った研究発表会
インドネシアの大学生の卒業式典

一般財団法人 山岡記念財団の活動

山岡記念財団は、山岡孫吉とドイツに対する感謝の思いを継承することを目的に2016年11月に設立されました。日独の芸術・学術・スポーツ交流・助成支援事業を中心として、広い意味で持続可能な社会を次世代につなぐために事業展開を行っています。

2020年度は、新型コロナウイルスの影響により中止を余儀なくされるイベントもありましたが、感染防止対策をしっかりと行いながら工夫をして実施した三つの事業を紹介します。

芸術事業では、11月に世界的指揮者の⼤植英次⽒による尼崎市内の高校吹奏楽部公開レッスンコンサートを開催しました。コロナ禍により、2020年は中学吹奏楽部合同の参加は叶いませんでしたが、大植氏の指導を通し、作曲者の思いや曲のストーリーを学んだ演奏は、奥深く、素晴らしい演奏となりました。今年は観客を関係者のみに制限しましたが、尼崎公演は例年通り盛り上がりのあるコンサートとなりました。一方、長浜では中高吹奏楽部による公開レッスンコンサートを計画しておりましたが、コロナ禍により学生の参加が困難となったため、今年は学生の皆様をご招待し、プロの演奏を聴いて学んでいただくという趣旨に変更となりました。大植氏の指揮のもと、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団と、関西の主要オーケストラのメンバーによるコンサートを行い、賑やかで学びの多いコンサートとなりました。

学術事業では、日独の若者文化・ライフスタイルを研究する若手研究者への助成を行い、採択された研究者の成果発表の場として、2月に若者文化シンポジウムを開催しました。今年は、「ことばの伝統と現代コミュニケーション~日本とドイツ~」をテーマとして、ハイブリッド開催とし、日本人とドイツ人、それぞれ1名ずつの研究者から発表があり、会場・オンラインから参加者55名での開催となりました。また、シンポジウムには次年度の研究助成採択者も来場し、研究助成決定通知書の授与式も行いました。
3月には、地球規模で問題になっている「地球温暖化現象」と「食料」問題に関連して、持続可能な社会の形成に向けた食と農業のあり方について、先進しているドイツと日本の研究者による科学技術講演会が行われ、オンラインから177名の方に参加いただきました。

助成支援事業では、9月には大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーによる長浜市の中高吹奏楽部員対象楽器クリニックを実施し、基本奏法やテクニック等、幅広く指導いただきました。
2月には、ドイツの団体ゲーテ・インスティトゥート主催のオーディオと映像のコンテンポラリーアート「COVERED CULTURE」に助成し、開催の支援をしました。
11月には、ゲーテ・インスティトゥートヴィラ鴨川で行われたクリスマスマーケットの開催を支援し、多くの方が来場されました。

次世代を担う若者をはじめ、より多くの皆様に対し、芸術・学術を通じて日独の交流を図り、国連が提唱するSDGs実現の一翼を今後も担っていきたいと考えています。

公開レッスンコンサート(尼崎)
プレミアム・オータムコンサート in 長浜 大植英次 with Friends
若者文化シンポジウム
科学技術講演会
中高吹奏楽部生徒への楽器クリニック
COVERED CULTURE
クリスマスマーケット

子ども絵画展

福岡県みやこ町立黒田小学校5年生の友松結花さんの作品
『あせをかいておいしいお米ができますように』

ヤンマーは、子どもたちがふるさとの素晴らしさを発見することを通じて、水と土への関心を高めてもらうことを目的に、全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)、都道府県水土里ネット(都道府県土地改良事業団体連合会)が主催する「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展に協賛しています。

第21回(2020年)には全国から4,883点の応募があり、農林水産大臣賞以下入賞32点、入選158点が決まり、ヤンマーアグリ賞には友松結花さん(福岡県みやこ町立黒田小学校5年生)『あせをかいておいしいお米ができますように』を選出しました。

ヤンマー学生懸賞論文・作文

ヤンマーは、次世代を担う若者たちに農業と農村の未来について自由な発想から論じてもらうことを趣旨として、1990年から「ヤンマー学生懸賞論文・作文」の募集を行っています。

第31回となる2020年は、引き続き 「“農業”を“食農産業”に発展させる」をテーマに、直接農業に関わる内容のみならず、経済、流通、資源循環、自然科学、健康福祉、栄養科学、ICTなど、食農産業に関わるさまざまな分野に募集範囲を広げ、独自の構想にて多くの応募をいただき、全国から論文44編、作文406編の応募がありました。論文の部の大賞は「教育産業に参入する『畑の共生教室』-食農福教育プログラムの開発-」(新潟医療福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 4年 遠藤菜夏さん)、作文の部の金賞には「0から1へ」(岩手県立農業大学校 農産園芸学科 野菜経営科2年 菅谷勇太さん)がそれぞれ選ばれました。

近年、農業を取り巻く環境が大きく変化するなか、ヤンマーグループは持続可能な農業を目指し、農作物の生産からその先にある加工、流通などを含めた“食”に対するソリューションの提供や、生産物の高付加価値化などに取り組んでいます。これからも、論文・作文の活動を通じて、次世代を担う皆さんと一緒にさまざまな農業・食料生産のあり方について考えていきます。

(論文の部)
(作文の部)
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、第31回の入選発表会はオンラインにて実施

文化醸成活動

スポーツスポンサーシップ

私たちは、国境や人種、世代、言葉の壁を越えて喜びや感動を生み出すスポーツの力を通じて、ヤンマーが目指す「ワクワクできる心豊かな体験に満ちた社会」を実現します。ライフクリエーションの観点からお客様に貢献するために、さまざまなスポーツへの支援を行っています。

セレッソ大阪と長居公園

セレッソ大阪は、1957年に創設したヤンマーサッカー部を母体として、1993年のJリーグ発足に合わせて誕生、翌1994年にJリーグに昇格しました。これまで森島寛晃選手、香川真司選手、乾貴士選手、南野拓実選手をはじめとする数々の日本代表選手、海外リーグで活躍する多くのプレイヤーを輩出してきました。
さらに、女子サッカーチーム「セレッソ大阪堺レディース」からは日本女子代表の宝田沙織選手や林穂之香選手など、現在海外リーグで活躍する選手も輩出。サッカー界では「育成型クラブ」として、そのブランドを確立しています。

また、クラブが掲げる理念の一つである「地域社会の発展への貢献」のため、下記のような活動も積極的に行っています。

  • 交通事故防止のため、大阪市内の小学校を対象に反射テープ付きランドセルカバーを配布
  • 元選手である藤本康太アンバサダーが、自身の経験を基に夢や挑戦の大切さを伝える出前授業「夢授業」の実施
  • 大阪市立図書館、堺市教育委員会と連携した「読書推進プロジェクト~本を読んで、人生を豊かに~」の実施

また、2021年4月から、ヤンマーホールディングスの子会社である、わくわくパーククリエイトが長居公園の指定管理者となり、セレッソ大阪とともに公園利用者の利便性が向上する活動を行っていきます。

ヤンマーグループはこれからも、サッカーをはじめとするさまざまなスポーツを通じて、豊かな生活文化の醸成と「ワクワクできる心豊かな体験に満ちた社会」の実現を目指していきます。

セレッソ大阪 ドリブルを仕掛ける坂元選手
セレッソ大阪堺レディース 得点を喜ぶ選手たち
ランドセルカバーを贈呈するセレッソ大阪の森島寛晃社長

海外スポーツへのスポンサーシップ

ヤンマーが協賛するサッカーベトナム代表の選手たち

海外においては、主に東南アジアでのサッカー協賛を行っています。なかでも、東南アジア最強国を決定する「東南アジアサッカー選手権(AFF SUZUKI CUP)」への協賛は、東南アジア各国で、サッカーを通じて私たちのお客様とともにワクワクと感動を分かち合う場になっています。

大会公式VIP艇として使用されたX47 Express Cruiser

また、セーリング文化が浸透している欧米やオセアニアの国々が参戦する「第36回アメリカズカップ presented by PRADA」ではオフィシャル・マリン・サプライヤーとして、大会の成功を支えるとともに、世界中のセーリングファンにワクワクを提供してきました。

サポート・お問い合わせ