第三者意見

CSR報告書 2021(ハイライト版)を拝読して

木村晋氏
株式会社日本政策投資銀行
サステナブルソリューション部長
木村 晋 氏

CSR報告書 2021(ハイライト版)は、昨年度と同様に、ウェブサイトにおける詳細な情報開示から、「A SUSTAINABLE FUTURE」が掲げる4つのビジョンに向けた製品・サービスや事業活動事例を抽出・再編集し、コンパクトに纏める構成になっています。

冒頭のトップメッセージでは、足下の新型コロナウイルスへの対応に言及したうえで、SDGsなど持続可能な社会の実現に向けた課題の解決、特に「脱炭素社会の実現」に貢献する点、「顧客価値創造」を重視する点、またその基盤となるダイバーシティを推進する環境・制度整備を行う点が強調されました。そして、これらの重要課題に向き合う姿勢として、「グループ一体」「結束」といった言葉が繰り返し述べられ、「ONE YANMAR」のキーワードが掲げられた点が印象的です。

後に続く、「A SUSTAINABLE FUTUREの実現とSDGsへの貢献」は、貴社のCSR経営の全体像を示す重要なページです。ミッションステートメントの実践こそが貴社グループのCSRそのものであることが再確認され、社会課題やSDGsと紐付けながら、事業活動を通じて「4つの未来像」の実現を目指す、という基本的な考え方が簡潔に示されています。今年度版では、「ヤンマーと関連が深い社会課題」と「解決に貢献できるテーマ」が具体的に記載され、大きなグローバル課題に言及した昨年度版に比し、より貴社の観点に引き寄せて社会課題が語られている点に好感を持ちました。後段での記述にあるように、これらの諸テーマが、「4つの未来像」とリンクしている点を表現できれば、一層ストーリーが明確になると感じました。

本報告書の中心的なコンテンツとなる具体的な取り組み部分は、4つのビジョンごとに「目指す姿」「製品・サービス」「SDGs」「社会課題」を簡潔に示したのち、「事業活動」および「CSR活動」の事例が紹介されるという、昨年度と同様の統一された構成となっており、非常に読みやすいと感じました。具体的には、脱炭素社会に向けて船舶業界で期待の高まる舶用燃料電池システムの実証試験、デジタル/データを活用した「顧客価値創造」として、トップメッセージでも言及されていたヤンマーシナジースクエアの稼働など、「テクノロジーで、新しい豊かさへ。」というブランドステートメントに沿った好事例が挙げられています。またCSR活動報告として、「Diversity For YANMAR」に基づく、ダイバーシティ&インクルージョン関連の記載が拡充された点もポイントです。

日本政府による2050年のカーボンニュートラル宣言以降、サステナブルな社会の構築に向けた国内外の動きが加速しています。貴社においても、「環境ビジョン2030」および「第五次グループ環境中期計画」の見直しが行われているとのことです。貴社の特色あるミッションを起点とした、社会課題の解決に大いに期待するとともに、「4つの未来像」に向けたロードマップやマイルストーンの設定と開示など、ステークホルダーコミュニケーションの一層の高度化を期待したいと思います。

株式会社日本政策投資銀行 サステナブルソリューション部長 木村 晋 氏 プロフィール

1995年日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行。企業金融第5部課長、経営企画部課長、米国コロンビア大学客席研究員、産業調査部次長などを経て、2019年6月より現職。東京大学法学部卒業、米国ロチェスター大学MBA。

第三者意見をいただいて

ヤンマーホールディングス株式会社 代表取締役 森本 繁
ヤンマーホールディングス株式会社
代表取締役
森本 繁

日本政策投資銀行の木村様より、今年度も第三者の立場から貴重なご意見をいただきました。木村様からご意見を頂戴するのは今回で3年目となりますが、持続可能な社会の実現に向けた当社グループの活動を継続して評価いただき、誠にありがとうございます。

トップメッセージにおける“ONE YANMAR”のメッセージとともに、「グループ一体」「結束」という言葉が印象的に述べられているとのご指摘がありました。新型コロナウイルスの感染拡大や、エネルギー需要の増加、食料不足、気候変動などのグローバルな社会課題の解決に貢献していくためには、グループ全体の力を結集させることが肝要です。当社グループは、テクノロジーをベースとした事業活動を通じて、人間の豊かさと自然の豊かさを両立した“新しい豊かさ”の実現を目指しています。そのためにも、グループ全体が“ONE YANMAR”として結束し、デジタル化などの時代の変化に柔軟に対応しながら成長を続け、お客様と社会の課題解決と新たな価値の提供に取り組んでまいります。

昨年度の報告書で木村様からご指摘いただいた企業理念体系に関する記載省略の反省を踏まえて、今年度の「ASFの実現とSDGsへの貢献」の全体像には、〈ミッションステートメントの実践が当社のCSRである〉という観点に加えて、グローバルな社会課題に対して〈当社が解決に貢献できるテーマは何か〉という点について追記しました。木村様には好感を持って受けとめていただいた一方で、「解決に貢献できるテーマ」が「4つの未来像」(VISION)とどのようにリンクしているのか、その表現方法については工夫の余地が残っているとのご意見をいただきました。次年度に向けてさらに検討してまいります。

4つのVISIONごとに紹介した事業活動の中では、舶用燃料電池システムの実証試験や、ヤンマーシナジースクエアについて言及いただきました。脱炭素社会の実現に向けた取り組みや、顧客価値創造企業への進化に対して、木村様から大きな期待をお寄せいただいており、その期待に沿うべく、今後もより一層努力してまいります。さらに、CSR活動報告では、ダイバーシティ&インクルージョン(以下、D&I)関連の記載拡充も評価いただきました。“ONE YANMAR”として顧客価値を創造していくうえで、D&Iの推進は欠かせないと考えており、その実現に向けてさまざま施策を実施してまいります。

2050年カーボンニュートラル宣言や2030年温室効果ガス排出量46%削減(2013年度比)の表明などの動向を踏まえて、当社では新たなグループ環境ビジョンの策定や、中期環境計画の見直し作業を進めています。環境分野に限らず、さまざまな社会課題の解決に貢献できるように、「4つの未来像」の実現に向けた具体的なロードマップやマイルストーンの作成も今後の課題と認識し、引き続き邁進してまいります。

サポート・お問い合わせ