社会

雇用

基本的な考え方

ヤンマーグループは「ミッションステートメント」の実現に向けて、「チャレンジ精神」「コミュニケーション力」「語学力×バイタリティ」をベースに「国籍・性別・年齢を問わず、世界各地で通用するプロフェッショナル人材」を採用します。

また、多くの社員がグローバル分野で活躍できるよう、ビジネススキル研修をはじめ、技術者研修、経営マネジメント研修等の実施や、グローバルに広がるビジネスフィールドでの実践を通じて、人材を育成します。
社員一人ひとりが自ら将来の目標を持ち、自律的に成長し続け、エンゲージメントを高く持ち、次の100年を見据えた挑戦を生み出していきます。

エンゲージメント向上の取り組み

ヤンマーグループでは、従業員のエンゲージメントと働きがいの向上を目的にエンゲージメント調査を行っています。2020年度からは、調査方法をパルスサーベイに切り替え、調査結果の分析および従業員の声に基づき、改善施策をスピーディに展開しています。

  • 簡易的な調査を短期間に繰り返し実施する調査手法。

従業員との対話

タウンホールミーティングの開催

タウンホールミーティング
タウンホールミーティング

ヤンマーグループでは、経営層と従業員が直接対話を行うタウンホールミーティングを開催しています。2020年度は、ヤンマー農機製造、ヤンマーパワーテクノロジーびわ工場、中央研究所で計3回開催しました。

タウンホールミーティングは、経営層の考えを直接従業員に伝えるとともに、現場の意見を経営層が直接聞くことにより、経営層との距離を縮めて親近感を醸成し、エンゲージメント向上を図っています。

サポート・お問い合わせ