実証!リモートセンシングの効果
高速・高精度な解析技術で測定できる

補正技術による、時間と天候に左右されない画像解析により、すばやく、安定した生育調査を実現

リモートセンシングは、「目」や「作業」に代わることができる技術。ヤンマーのリモートセンシングは、天候の変化が激しい日本の農業でも、ファームアイ(※)独自の補正技術による高速かつ高精度なデータをご提供。同時に、大幅な省力化・効率化を実現します。

  • ファームアイはヤンマーの「農業機械と豊富な営農支援メニュー」と、コニカミノルタの「センシングと画像処理技術」といった両者の強みを生かしてできた会社です。
  • 高精度なデータのためには、ヤンマーリモートセンシング用ドローンP4Mで撮影してください。

天候に左右されない高精度なセンシングデータを得るために、ヤンマーのリモートセンシング用ドローンP4Mで撮影してください。

ヤンマーのリモートセンシング用ドローン P4Mは、コニカミノルタで校正を行っています。カメラの個体差を確認し、1台1台を微調整することで品質を確保しています。
ヤンマーのリモートセンシングサービスを受けられる場合は、必ず校正を行って頂きます。そうする事で正確な解析結果を得ることができます。

ヤンマーでご購入の場合

ドローンが変わってもデータのバラつきが出ない
だから

実証!その1
夏場のSPAD計測による重労働から解放されます

従来、生育状況や繋り具合を計測するには、夏の炎天下の中、SPAD計(葉緑計)で腰をかがめながら30分かかって10~20株を計測していました。リモートセンシングなら、最速1分間でなんと60,000株もの計測が可能になります。1株ずつの計測ではなく、面で計測するため、ほ場全体を「見える化」できます。
大規模営農家の方はもちろん、JA・農事組合の方、農業試験場や研究機関などの方には特におすすめです。

リモートセンシングだと約30a(約60,000株)を60,000株まるごと調査。最速1分で完了します。

実証!リモートセンシングの効果 ページ一覧

リモートセンシングページに戻る

実証!リモートセンシングの効果 高速・高精度な解析技術で測定できるについてのサポート・お問い合わせ